多汗症にはボトックス注入法

多汗症にはボトックス注入法

多汗症に効果的な治療法は「ボトックス注入法」です。
手術することなく汗の量が抑えられます。
ボトックスという薬剤を、皮膚の浅い部分に注射します。
汗の分泌を抑制することにより、汗腺の働きが弱まります。

 

薬剤を注入するだけなので、施術も比較的短時間といえ、
施術後に痛みを伴うこともなく、切らないので恐怖も無く、
傷跡なんて全然残る心配もありません。

 

日常生活に全く支障をきたさないのも大きなメリットといえるでしょう。
施術したその日からお風呂に入ってもかまいませんし、

 

激しい運動をしても大丈夫です。アレルギーや副作用の心配もないんです。
手軽に気軽に受けることが可能です。

 

ひとつ注意しておかねばならないのは、
効果を持続させるためには改めて施術する必要があります。

 

注射後半年ほどすると症状が再び現れ始めます。薬の効果が薄れてくるのです。
この「ボトックス注入法」は根本的完治ではありません。

 

こうした不便さはありますが、気軽に受けられる治療法の少ない、
手のひらや足の裏の多汗症に悩む人々に愛されています。

 

春からに夏にかけての暑い時期だけ「ボトックス注入法」を利用するのも
軽度の多汗症の人には非常に有効でしょう。

 

「すそワキガ」とよばれる、陰部や乳首などのデリケートな傷つけたくない部分に
施しても大丈夫です。

 

子どものワキガの治し方としてもでも近年お勧めされている方法でもあります。

 

メニュー