子どものわきが治療

子どものわきが治療

子どものわきが対策としては以下のことが挙げられます。

 

制汗スプレー

これは汗の発生と匂いを抑えることを目的としています。
制汗スプレーには汗が出にくくする物質が含まれています、わきがは汗と雑菌が結びついて発生しますのでその汗を抑えることで匂いを軽減することができます。
匂いを抑える物質も入っていますので有効的に使えます。

 

ミョウバン

アポクリン腺から出る汗はアルカリ性で、ミョウバンは酸性です。
このことにより汗の物質を中和して匂いの軽減を図ります。
ミョウバンは酸性ですので、そのまま塗ると肌が非常に荒れてしまいます。
水に少量溶かして、スプレー容器などに入れて使いましょう。

 

クリーム

ミョウバンを含まれたわきが対策のクリームも売られています。
上記で述べたようにミョウバンは肌に対して荒れる可能性があるので、クリームの保湿機能で荒れる作用を抑える働きがあります。

 

病院での手術

一番の治療対策としては手術をするのが一番有効です。
匂いの原因となるアポクリン腺を元から切断してしまい汗を出なくすることができます、これでアポクリン腺からは汗がでませんので、有効な利用方法だと言えます。

 

子どものワキガ手術

 

問題は手術ということと、お金がかかるということです。
手術ですので多少の痛みや、術後の痛みがあります。

 

お金に関しては保険が適用されるのであれば5万から10万から、保険適用外であればその5倍はかかります。
金銭的な部分と子どもの心理的影響も配慮して慎重に考えることが必要です。

 

【人気記事】値段の高いデオドラント買ってみた・・・その効果は?