子どものワキガの遺伝

子供のワキガは遺伝する?

自分がわきがだったら子どもには遺伝するのでしょうか。

 

はっきり言って、ワキガは遺伝します。
100%とは言えないものの、高い確率で遺伝する可能性があります。

 

50%という高い確率で、子どもにワキガは遺伝するのです。

 

ワキガは優性遺伝です

ワキガの臭いのことを腋臭(えきしゅう)と呼びます。
腋臭は優性性遺伝のため、遺伝しやすいのです。

 

優性性遺伝は、優性という言葉が含まれているため誤解を招きやすいのですが、ワキガという遺伝が決して優れているというわけではありません。

 

遺伝しやすい性質を持っているから優性性遺伝(優性遺伝ともいう)と呼ばれます。

 

優性遺伝を簡単にいうと?

遺伝子というのは、Aとaというのがあります。

 

このうちAというのが優性遺伝。
ワキガというのは、優性遺伝の性質を持っています。

 

この遺伝は、ワキにあるアポクリン汗腺という汗腺から、どれくらいの量の汗が出るかということを受け継ぐのです。
アポクリン汗腺はただの汗ではなく、タンパク質や脂質を含む汗です。

 

この汗を皮膚の常在細菌が分解するときに、ワキガの臭いになってしまうのです。

 

親2人がわきがであればかなり高い確率で遺伝するでしょう。

 

遺伝だからって諦めないこと

腋臭はこどもに遺伝しますが、決して病気などではありません。
体質なのです。

 

体質だからこそ、どう対策するかが問題になってきます。
遺伝するから子どもは産まないというわけにはいきませんよね。

 

子供の脇が臭いと思ったときから対策をしてあげるべきでしょう。

 

親がワキガだったら理解を示してあげるべき

いまは小学生からわきがの悩みが出てくる子も増えています。
思春期の頃からアポクリン汗腺が発達しはじめるので、その頃にワキガだと気づく方が多いのです。

 

もし片方の親がワキガで、遺伝によるワキガだと分かったら「自分もそうなんだ、だから悩みは分かる」という理解を示してあげましょう。
思春期というのは第二次反抗期になり難しい年齢でもあります。

 

親から受け継いだと思うと嫌悪感を示すこともあるかもしれません。

 

しかしワキガの悩みは精神的に辛いものです。
子どもと良い距離を置きながら、ワキガについて一緒にケアをしていくのがベストでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワキガ治療の今後


脇の臭いそのものをなくしたり、遺伝を治療で治すことはまだ難しいかもしれません。
将来的には遺伝子治療で脇の臭いというのは永遠になくなるかもしれませんが、いまはまだ実現できないでしょう。

 

腋臭とどう付き合っていくのか、どう対策をしてあげるのか。
親だからこそ理解してあげて伝えてあげることがたくさんあると思います。

 

【人気記事】値段の高いデオドラント買ってみた・・・その効果は?