ワキガ(腋臭症・多汗症)の正体はアポクリン線

ワキガ(腋臭症・多汗症)の正体はアポクリン汗腺

思春期等に非常に強い悩みの種になりがちな「腋臭症」や「多汗症」の原因は、
皮膚から出される汗によるものです。
どうして強い臭いになるのか、何故汗が沢山でるのか考えてみましょう。

 

まずこの汗を出しているのが、それぞれ役割の違う二種類の汗腺類
「エクリン線」「アポクリン線」という小さな器官です。

 

手のひらと足の裏に1番多く存在している「エクリン線」は、
気温や運動による体温の発熱時、99%水分の「エクリン汗」をだして
体温を下げる重要な役割があります。

 

皮膚下の浅いところに広範囲に存在し、臭いも殆どありません。
ですが、通常よりも多く分泌されると「多汗症」です。

 

精神的緊張や体温の発熱により汗はでますが、特に理由もなく、
異常に多い汗がシャツや上着から衣服を通して、
すっかりぬれてしまうことがおこります。

 

日常的に本当にやっかいで気が重いことでしょう。

 

ワキの下に1番多く、特定の部位にしか存在しない「アポクリン線」は、
へそや乳首の周囲、耳の穴の中、陰部、わきの下にあり、毛穴から発汗されます。
役割は未だ推測にすぎませんが、

 

異性を惹きつけるフェロモン器官のなれのはてではないかと言われています。
毛根と合流した場所にあり、汗自体にもともと臭いは殆どありませんが

 

「腋臭症」の真の正体は「アポクリン汗」です。
タンパク質などの有機物を、我々人間と共生関係にある「常在菌」が活発に分解すると、
強い臭いになります。

 

メニュー