子供の脇が臭い

子供の脇が臭い

子供の脇が臭い!と思ったらしてあげるべきこと

最近では「子供でも脇が臭い」ということが増えています。

 

昔のこどもよりも今のこどものほうが成長が早いという理由もあげられます。

 

たいていは親が気づくことで、子供自身が気づくことは、まれです。
ですが周りの子供が「臭い」と気づくことはあります。

 

その時の子どもの気持ちを考えると、一刻も早くワキガの対策をしてあげるべきです

仲間はずれはもちろんいじめの対象になりかねないのが、親として心配してしまう点は多いにあると思います。

 

男の子ならまだしも女の子のワキガは、思春期が早いこともあり、精神的なダメージになりがち。
オシャレも恋も楽しみたい時期なのに、自分のワキガのせいで行動が制限されてしまうことも。

 

伸び伸びと色々な経験をさせてあげたいのが親心というもの。
ワキガに気づいたら、傷つけないようにしながら、しっかりケアしていきましょう。

 

とくに子どものワキガは遺伝で伝わることが多く、親御さんもワキガというパターンもあります。

 

そういった場合は「わたしもワキガだけど、きちんとケアしているから大丈夫なんだよ」と伝えてあげることです。

 

「一緒にワキガのケアをしてあげる」というメッセージが重要です。
そして子どもも「自分1人が悩んでいるんじゃない」という安心感が芽生えます。

 

思春期は何かと子どもが反抗することも多いかもしれませんが、さりげなくケアをしてあげることで、子どもも伸び伸びと学校生活を送ることができるでしょう。

 

学校で悩んでしまうワキガ

大人と違って子どもには「体育」の時間があります。
夏でも冬でも運動をすると汗をかきがち。

 

そうすると体操服などにもワキガの臭いが染みついてしまいます。
よくある例として「体操服や服からワキガの臭いがして気づいた」というのが多くあります。

 

汗をかいたらすぐにワキガが臭うわけではありません。
乾いてきて、雑菌が繁殖してきたらワキが臭い始めます。

 

体育が終わったときにすぐにトイレで誰にも見られないようにワキガのケアをするなど工夫しましょう。
そうすれば誰にもワキガのことがバレることなく学校生活を送ることができるようになります。

 

低年齢の子どものワキガは悩みが深刻になりがち

こどもの年齢にもよりますが、「脇が臭い」というのはかなり深刻な悩みです。

 

今は昔に比べて良いデオドラント剤もあります。
ワキガは決して、必ず悩まないといけないものではないのです。

 

きちんとケアしてあげるか、放置するかの違いなのです。

 

ワキガを防ぐジェルタイプやクリームで「汗をふくジェルだよ」とさりげなく脇の臭いを処置してあげることで、子供も安心して出かけることができるでしょう。

 

とにかく子供の脇が臭いと思ったらすぐに処置してあげることです。
子供だからまだ早いなんて思っていたら、いつ子供が傷つくか分かりません。

 

子供でも使える腋臭を消すジェルがあるので、対処してあげてください。
子供が傷ついてしまうと、その傷や不安を癒すほうが時間がかかってしまいます。

 

中学生、高校生になれば、自分で腋臭対策もできるようになります。
脇の臭いはしっかり対策すれば、人には気づかれないものなのです。

 

悩みが深刻になる前に子供の脇の臭い対策をしてあげてくださいね。

 

【人気記事】値段の高いデオドラント買ってみた・・・その効果は?